ここドイツには格安ベットマットレスの店がたくさんあります。
一度買うと、数年から数十年使えると思われるのですが、こんなに販売している店がたくさんあるのはどういうわけなのだろうかと思います。
ドイツ人の義両親たちの客室用ベッドを使ったことがありました。
その古いマットレスはスプリングがあちこちに感じられる古いタイプで、よく眠れなかった記憶があります。
マットレスも、劣化や材質の流行があるのでしょう。
数年前に、そのベッドは処分され、新しいものを購入したようです。
義両親たちが自分たちの寝室に使っていたマットレスも、数年前に交換していました。
40年以上使ったものだとかで、驚きました。見た目はほとんど劣化を感じない、上質なものでした。
寝転がってみると、やはり、古いタイプなのか、古くなってしまったのか、現在のものより幾分違和感を感じました。
こちらは年中気温が比較的低く、湿度も上がらないので、いろいろな物資が長持ちする傾向があります。
日本で40年も同じマットレスを使うことは、衛生面でよくないと思われますが、ここでも、40年使えば充分だと思われます。
マットレスも、進化しているようで、人々は新しい品をどんどん買っているのでしょう。
比較したことがありませんが、おそらく、こちらのマットレスは日本のものと比べると重くて扱いにくいと予想しています。
体格のいいこちらの人々は、生活体力も日本人平均よりあり、生活用具のほとんどが日本のものより大きくて重いです。
こちらのマットレスは、どちらかというと、日本のものより優れている印象ですが、この重さには付いていけません。
シーツ交換が非常に面倒に感じます。
軽量化などという発想をしないこちらの人々は、マットレスは思い方が高級、なのかもしれません。

私は妊娠中、ひどい腰痛に悩まされていました。特に痛むのは、寝る時に布団に横になっている時でした。大きくなっていくお腹に圧迫されて腰に負担がかかり、布団に仰向けに寝ていると痛くてたまらなかったのです。腰の下に小さなクッションを置いてみたり、足を高くして寝てみたり、色々と対策はしてみたのですがあまり効果がありませんでした。
そんな時、夫が「すごく良いマットレスがあるらしい」と言うので、お店に見に行ってみることになりました。マットレスは「マニフレックス」というイタリアのメーカーのもの。目当てのマットレスは、日本限定で販売されている三つ折りタイプの「メッシュウィング」という商品。マットレスではありますが使わない時は折り畳んでおけるので、布団代わりに利用したいと思ったのです。
私達が欲しいシングルサイズのもので、価格は三万五千円程。正直、マットレスにしては高いなと初めは躊躇しました。やっぱりマニフレックスは止めて、手頃な価格のものを買おうかという話にもなりました。しかし、物は試しということで、店頭のマットレスに試しに横になってみることに。寝てみたところ、意外と固くて、身体がわずかに沈む程度でした。マニフレックスは高反発タイプのマットレスで、下から身体を適度に支えてくれ、最適な寝姿勢へと導いてくれるのだそうです。確かに寝心地は良いような気がするけれど、やはりお値段が…と悩んでいたところ、マニフレックスの商品には10年保証が付いているとのこと。それだけ商品に自信があるということですよね。大事に手入れをしながら、10年使うと思えば高くない!そう考えて、購入に至りました。
購入した日の夜から早速、マニフレックスのマットレスで寝るようになりました。すると、普通の布団で寝ていた時、あれほど痛かった腰があまり痛くないのです。驚いたのは、翌朝起床した時。前は朝起きるたびに腰痛が酷くなっていたのに、マニフレックスにしたら、腰の痛みが全くなかったのです。やはり、お値段なりの効果はあるなぁと感心したものです。これなら、もっと早く買えば良かったと思いました。妊婦さんや腰痛で悩んでいる人に、マニフレックスのマットレスはとてもお勧めです。

私の仕事は畳に座って一日中ミシンや編み物など縫製の仕事をしています。
いつも座いす使っていますが、やはり腰に来てよくぎっくり腰になってしまいます。
ぎっくりまでいかなくても腰が痛いことがよくあります。

関連サイト:おすすめ マットレス

そこで常々何か良いマットはないかと思いネットで調べていました。
高いものから安いものまで色々巡りました。
高いものを買って失敗したらどうしようもないし、下手なものを買ってゴミにしたくもないです。

そこで口コミも良かったのでブレスエアーのマットレス(厚さ4cm)を購入しました。
薄いのを選んだのは、予算のこともありますが、布団の上に敷こうと思ったからです。今ある布団も無駄にしたくなかったのです。
またもし失敗しても自分で切れるようなので、座布団にしたり犬用にすればいいやと、ポチッと購入しました。

私の選んだタイプは3分割できるものです。
レビューを読むとお尻のところはへたれやすいそうなので、入れ替えて交換できるところがいいと思いました。

また蒸れにくいのもいいところです。
実際寝てみて、確かに背中が布団や普通のマットレスよりも涼しい気がしました。
夏などには最適ではないでしょうか。

また、まだやったことはありませんが、汚れてしまった場合、シャワーでサーッと水で洗えるということで、それも清潔でいいなと思いました。

しかし、寝心地です。
まずは布団の上に敷いて試してみました。寝心地は固いので腰にはいいかなと思いました。
寝返り沈み込まないの打ちやすいです。

けれども、どうでしょう!
朝起きてみて体がとても痛くなってしまいました。一日中不快です。
これには参りました。。。

このマットレスのレビューで、「初めは身体が痛くなるけど続けていると慣れてきて大丈夫になる。」というような意見があったので、しばらくは続けてみようと思いました。
しかし1カ月くらいしたころにぎっくり腰になってしまったのです!
もう何のために買ったのか分からなくなりました。

マットレスは外してしまって、ぎっくり腰を治すために元の布団だけで寝てみました。
これがなんと寝心地がいいことでしょうか。改めてそう思いました。
床に敷いて寝ていますので硬めですが、ブレスエアーの上で寝るよりは柔らかさもあり、こちらの方が良かったのかなと思いはじめました。
安静にして1日2日寝て、ぎっくり腰も大分良くなってきました。

けれどもまだ買ってしまったマットをあきらめきれず、もしかして布団の上に敷くのが良くないかったのではないか?と思い始めました。
そこで今度は床に直接マットレスだけにして何日か寝てみました。

中途半端に布団の上に敷くよりは、しっかりとしてこの方が腰にいいかな?と思う感じでした。
しかし何と!夜夢でうなされてしまいました。(笑)
「硬いよ~硬いよ~」と床の上で寝ている夢を見ていました。
それに、まだ仰向けで寝ているときは寝心地がいい気がするのですが、横向きになって寝ていると、朝になって首と肩が痛くなってしまうのです。

結局は私はまた元通り、敷布団だけで寝ています。これが一番腰にも首、肩にもいいように思います。

私の買ったのは12000円ちょっとのもので、安いものでした。失敗しても諦めはつく値段ですが、もうちょっとお高いものにした方が良かったのかもしれません。
厚さが4cmは布団の上に敷くにも良くなかったし、一枚でも薄くて使えません。
今度もし買うことがあるならば、この教訓を生かしてもう少し厚めの物にして、一枚敷で使ってみたいと思います。

うーん。果たしてどうでしょうか。。。

人生で3分の1は寝ていると言われるほど
睡眠という物は大事なのでマットレスは良い物を選びたいですよね
でも値段は抑えたいという人に
まずおすすめなのはタンスのゲン・エンペラーのシングル13cm
普通の安いマットレスの厚さは大体5~6cmくらいなのですが
このマットレスは13cmという厚さを誇り
高反発マットレスなので体全体をサポートしてくれます
更にホルムアルデヒドが0.0007ppmしか入っていないので
赤ん坊や子供を安心して寝かせる事が出来ます!
値段は大体1万円以下で購入可能。
次におすすめなのはNicedayの体圧分散 高反発マットレス ( 三つ折り )
高密度・高反発・高品質のウレタンを使用したマットレスのおかげで
素晴らしい寝心地を体感出来て、三つ折りが出来るので収納にも便利です
このマットレスも大体一万円以下で購入出来ます
この2つはマットレスを探している人におすすめのマットレスです!

欲しいマットレスは、高反発で厚いマットレスが欲しいです。
自分が行ってみたい宿泊施設のマットレスがシーリーで凄くいいんですよね~
薄いマットレスを使ったことがあるのですが、どうしても腰に負担がかかってしまいますので、朝起きた時に寝た気があまりしませんでした。
また、低反発なマットレスの場合は体全体が沈み込むようになりますので、腰が疲れてしまいます。
マットレスは使う人によってどんな商品がいいのかはそれぞれ違うと思いますが、私には高反発で厚いマットレスが合っているようでした。
マットレスのことを調べていくと、低反発はマットレスは腰への負担が大きいということが分かりました。
体が沈み込むので、背中のカーブに合わずに腰への負担が大きいということでしょう。
そして、体重が重たい人にとっても低反発なマットレスを使うと体が沈み込んでしまうので負担が大きいです。
私自身は腰が悪いので、やはり高反発で厚いマットレスが合っているようです。

主人が腰痛持ちで、今までは一緒にベッドに寝ていましたが
腰の痛みがひどく、通っているカイロプラクティックで矯正マットレスを勧められました。
かなり値段が高い物なのですぐに決断が出来ずにいました。
高いんですが、寝た感じがしっくりくるし、寝て起きる時に楽だと主人が言っていましたので購入も正直考えてはいました。
主人のひどい腰痛を考えると、一生の事だしと思いました。
色々とインターネットで調べていると、ロマンスエコーという商品を知りました。
この商品はカイロの矯正で使用しているマットレス同様の商品という事でお値段も半額以下でしたので本当にこれが効くのならと思い、まずは取り扱いのふとん店さんへ行ってみる事にしました。
寝心地、硬さなど本当に変わりがなく、これならと主人も気に入り早速購入を決めてその夜から使用を開始しました。
使い始めて1年弱なのですが、あれほど痛がっていた腰が今では湿布がいらないほどに改善しています。

マットレスの種類は、スプリングユニットの違い、つまりマットレスの中身によって分けられます。基本的なタイプとなるのがボンネルコイルというもの。巻きバネ(コイル)を連結させた構造をしておりコイルによってクッション性を作っています。そこからコイル数を増加させたハイカウントコイル。ボンネルコイルのコイル直径を小さくして数を増やしてコイルを細かく配置したものでそれにより耐用年数が比較的長くなりクッション性は硬めとなっています。そしてそれぞれのコイルを独立させたポケットコイル。コイルをポケット(袋)に詰めて並べたものでそれぞれのコイルは独立して動きます。そのため寝返りなどで生じる振動を広がり難くすることができます。最後に金属を使わないタイプ、ウォーター。水をつめた容器の上に寝ることで腰などでの強い圧力を分散させて身体全体にかかる圧力が均一になるようにしたものです。

私は、今、使っているテンピュールのマットレスがとても気に入っており、色々感じることがあるので、実際使ってみた感想を書きたいと思います。テンピュールのマットレスは、低反発で、最初少し横になった時は、少し硬いと感じました。ただ、実際、長時間横になってみると、体全体が、マットレスに包み込まれるような心地良さがあり、眠りやすくなりました。以前は、普通の布団で寝ていたのですが、日によっては、起きた後に腰が痛いことがありました。テンピュールのマットレスを使用し始めてからは、そういった腰痛は全く無くなりました。また、体がマットレスの形状になじむので、夜寝ている時に、寝返りを打つことが大幅に減りました。睡眠時間は以前とそれ程、変わっていませんが、熟睡できるようになり、睡眠の質自体が上がったように思います。テンピュールのマットレスは高価ですが、それ相応の価値があると思います。メンテナンスもほとんど不要なので、これからも長く使っていきたいです。